★ALBUM REVIEW (412) 【Stephen Richard - The Gallery Sessions: Suite Movements Series I 】(2014)

ALBUM REVIEW (412)

 

Stephen Richard - The Gallery Sessions: Suite Movements Series I (2014)
 

 

By Takaaki Kondo, Tokyo Jazz Review

 

 

You can also read this review @ 


 

Facebook Page of Tokyo Jazz Review

 

 

https://www.facebook.com/tokyo.jazz.review

 

 

 

 

Rating

 

Musical Performance     ★★★★

Songs/Compositions      ★★★★

Arrangement                ★★★★

Sound Quality               ★★★★

Overall Enjoyment         ★★★★

 

 

ヒューストンを本拠地として自己のグループで活動しているSaxophonistComposerであるStephen Richardの通算6枚目のリーダー・アルバムです。


本アルバムは、ある金曜日の夜に予定されていたコンサートが当日キャンセルとなってしまい、それを惜しんだStephanが翌金曜日にStudioを押さえて録音したセッション。全曲Stephanのオリジナルで、まさに自由なセッションとなっています。曲調はほとんどがMedium Tempo8 Beat。しかし、これが何故か「まったり」「ゆるり」とさせてくれるのですよ。漂うBeatに身を任せると何とも心地良い。かと云って決して「スムース・ジャズ」のような安直なBGMではありません。よく練られたモチーフを元にした「R&B’d Jazz」(私の造語)。しっかりとJazzしていて、しっかりとGrooveしています。


『「R&B’d Jazz」を聴きたいけど、最近流行りの(Robert Glasperとかの)「Hip Hop’d Jazz」(これも私の造語)は嫌い。ちゃんとJazz してて、かつR&BGrooveでまったりしたい』


という向きに是非オススメです!


同時リリースの”Perspective”は、「Studioで時間をかけて作ったヴァラエティ豊かな曲達」が堪能できる、これまた「一味違う」良作です(Coltrane Likeな直球勝負な曲も収録されています)。


とりあえず試聴するべし!


Stephan Richard


ルイジアナ生まれ、ヒューストン育ち。幼少からクラシックピアノのレッスンを受け、Soul, Jazz, R&B,Bluesに傾倒する。高校時代にSaxを始めてConrad Johnsonに師事。Grover Washington Jr.との共演を経験した後、Southern University in Baton Rouge LouisianaAlvin Batisteに師事。"Jazz Ambassador"としてパリ大学に招かれたり、ネルソン・マンデラ氏の招待での演奏を経験する。その後、Ernie Watts, Ellis Marsalis, Jimmy Heath, Norman Brown, Boney James, Frank Lacey  Wes Anderson等と共演。現在、ヒューストンを本拠地として自己のグループで活動している。これまでに「Introducing Stephen Richard: Because of You」「Circa 79」「Bread‘n Water Vol.1」「Bread‘n Water Vol.2」「An Evening of Happenstance Live in New Orleans」の5枚のアルバムをリリースしている。

 

  

Personnel

 

 

On “Room A”

 

Alto Saxophone: Stephan Richard

Guitar: Ichi

Piano: Ronnie Mason Jr.

Bass: Eric Elder

Drums: Jerre Jackson


On “The Blue Door”

Tenor Saxophone: Stephan Richard
Guitar: Ichi

Piano/Keyboard: Ronnie Mason Jr.

Bass: Eric Elder

Drums: Jerre Jackson


On “Can You Dig It?”

Tenor/Soprano Saxophone: Stephan Richard

Hammond B3: Mark Copland

Rhodes: Ronnie Mason Jr.

Bass: Eric Elder

Percussion: Robert Smalls
Drums: Jerre Jackson

 

On “As a Young Kid”

 

Soprano Saxophone: Stephan Richard

Vocals: SCEF

Piano: Ronnie Mason Jr.

Rhodes: Mark Copland

Bass: Eric Elder

Percussion: Robert Smalls

Drums: Jerre Jackson

  

 

Track Listing

 

 

1. Room A (9:26)

2. The Blue Door (Suite I) (11:58)

3. The Blue Door (Suite II) (3:25)

4. The Blue Door (Suite III) (7:06)

5. Can You Dig It (Movement I) (8:51)

6. Can You Dig It (Movement II) (7:47)

7. Can You Dig It (Movement III) (6:36)

8. As A Young Kid (11:05)



 

 Stephan Richard - Website

 

Official Website

 

 http://stephenrichard.com

 

 

Facebook

 

https://www.facebook.com/StephenRichardMusic


 

Preview & Download

Amazon

 

 http://www.amazon.co.jp/The-Gallery-Sessions-Movements-Series/dp/B00KJI5PIK

 


iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/room-a/id882001536?i=882001538&ign-mpt=uo%3D4

 

 

http://stephenrichard.com/the-gallery-sessions-suite-movements

 

 

BUY CD - CD BaBy

http://www.cdbaby.com/cd/stephenrichard13

 

 

Video

 

 

Stephen Richard Talks new Music and Inspiration


https://www.youtube.com/watch?v=8cVczMAqejI



Stephen Richard explains why he releases two different projects together

https://www.youtube.com/watch?v=s2tq3juUzH4